山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
ドクターブログ
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

歯科用CTを用いた検査

歯科医院での初診時は画像診断による検査を行います。多くの場合、パノラマ撮影ですが、手術や外科的処置の際はCTによる検査が有効です。CTとは被写体を3Dで把握するためのレントゲン撮影方法で、これにより立体的な構造把握が可能です。

どんな症状に使うの?

CTはインプラント治療、歯周病治療、根管治療などの際に役立ちます。インプラント埋入手術では顎の骨の厚みや幅、血管や神経の位置関係を把握し、安全な手術のために役立てます。特に下あごには太い神経が通っており、位置を把握していないとインプラントを埋入した際に傷つけてしまう可能性もあります。

歯周病に対しては、歯槽骨の吸収具合を診たり、歯根が折れていないか確認することが出来ます。歯の神経を抜く根管治療においては複雑な形の根を把握し、治療の成功率に貢献することが出来ます。

当院はモリタ製CTを導入

「ベラビュー エポックス3Df」は1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D(CT)撮影が可能です。デジタルテクノロジーを駆使し、従来より少ないX線照射線量で撮影します。

さらに洗練された多彩な画像処理により、幅広い撮影領域が実現。多角的な診断に役立つことが期待できます。パノラマ画像とCTを連携させて診断することで、分かりにくかった歯根ののう胞の位置なども特定することができます。