山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
ドクターブログ
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

田園都市ドクターズファイルに掲載されました。

「患者さんの歯を一生残したいと考えて、予防にも力を入れているんです」と語る、院長の山田 潔先生。歯周病専門医で、指導医でもある山田院長のもと、クリニックは歯周病専門医を育てる研修施設にも指定されている。マイクロスコープやレーザーなど最先端の機材を使用し、歯周病を治療から専門医の育成まで、歯周病治療にかける思いは熱い。…[続きを見る]



ドクターズ・ファイル医療トピックス

医療トピックス
歯周病に対するインプラント治療と矯正治療のポイント
詳しくはこちらへ



院長紹介~私の夢~

月並みですが、小さい頃「将来の夢」を聞かれたことは誰もが経験することだと思います。私の将来の夢は、父親のような歯科医師になることでした。
私の父は、町田市で45年以上も開業している歯科医師です。現在も現役です。私は、物心ついたころから自宅の一部が歯科医院という環境で育ちました。40年前は、現在と違って歯科医院の数が少なく父は、朝8時~夜10時11頃まで昼食時間もほとんどなく働いておりました。母も父の仕事を手伝っていたこともあり、幼少期は診療室によく顔を出しては、スタッフの方や患者さんにかわいがってもらいました。そうして診療室に顔を出しては、父の働いている姿を見たり、色んな方に話かけてもらっている間に自然と自分も父のようになりたいと思ったのが職業に対してのはじめての感情だったと思います。歯科医師という職業より、父へのあこがれの気持ちが強かったように思います。よく女の子が、お母さんになりたいとか、お嫁さんになりたいとかそんな気持ち、感覚であったと思います。


いつも忙しい父ですが、土曜日は普段より早く仕事が終わるためキャッチボールや相撲をとったりしました。夜には、父のあぐらの上に座って一緒にプロレスやプロ野球を見たことを覚えております。一年を通して正月と日曜日しか休みをとらなかった父は、一緒に旅行に行ったりすることはほとんどありませんでした。普段は診療室に顔を出せば、父に会えるので不思議と寂しいと思ったことはありませんでした。


父は戦後の物のない時代に育ち、作れるものは(グローブや学生帽)何でも作ったという話をよく聞かされておりました。父の影響もあり小学生になった私は、プラモデルではなく、木を使って飛行機や凧、船を作りました。幼稚園の頃は、竹で弓矢を作っている時包丁で指をかなり深く切った苦い思い出もあります。当然、飛行機も船も凧も自分ひとりでうまくはできません。そんな時は、必ず手伝ってくれました。とういうより、今思えばほとんど父の作品でした。本当に器用でした。こうした物を作っている時のナイフの使い方などの指先の使い方は、真似をしたりして覚えました。


仕事でも父は、診療後毎日歯科技工をしておりました。自分で、義歯やかぶせ物など作れるからこそ技工さんに細かい指示ができ、精度の高いものが患者さんに提供できるということを身をもって教えてくれました。その影響もあり、自分も開業以来、できる技工は何でも作っております。
高校に行く頃には、将来歯科医師になることを自分の中できめておりました。この頃になると、世間では歯科医師が過剰であるとか不利な情報が耳に入ってきました。しかし、歯科医師になる夢が一度もぶれることはありませんでした。幼少期から見てきた父、患者さんにいつも優しく、感謝され、患者さんのことをいつも考え、休みをほとんど取ることなく働いている姿は自分の目標であり、夢だからです。


大学院を修了した私は、臨床経験を積むために歯周病専門医の開業する診療所に勤務しました。勤務医になって1週間の見学のあと数人の患者さんを担当させて頂きました。大学では普通にできていたと思っていた小さな虫歯の治療や、かぶせ物の治療がしっかりできていないことに気づかされました。使い慣れていない器械や道具ということもありましたが、型採りした石膏模型は惨憺たるものでした。そこで院長先生にお願いして診療後に器械を借りマネキンを使って歯の削り方を一から勉強させて頂きました。毎日のトレーニングは、つらい時もありましたが技術が上達するにつれ仕事がどんどん楽しくなってきました。そんな経験から今では自分の診療室にもマネキンを数台用意し、スタッフ教育の研修の場を創っております。自宅と診療室の往復するそんな毎日を過ごしていたため、静岡に住んでは居たものの全く静岡についてわかりませんでした。その努力の甲斐もあり2年後には技術もスピードもつき開業できるまでになりました。


勤務医になってしばらくして、大学病院で担当していた患者さんから大学病院を辞めたあとも私の治療を受けたいと申し入れがありました。自分の勤務先が静岡なため、東京から勤務先におよびするのは気の毒だと思い、父の診療室を日曜日に借りて診察することにしました。休日に静岡から東京に来て患者さんを診療するといった生活が、勤務医が終わるまで続けました。休日まで仕事と思われますが不思議と全くストレスがたまりませんでした。もともと趣味がなかったこともあり、仕事が趣味になってしましました。勤務医で勉強したことを、実践してみることが本当にうれしく楽しかったです。そして患者さんに喜んでもらえたことが、疲れを吹き飛ばしてくれました。いつもいい結果になることばかりではありませんが、一生懸命何でもやりました。


そんな折、患者さんの1人からご家族の方をご紹介頂きました。患者さんは、78歳の男性で入れ歯を作り直したいとのことでした。私が大学で勉強した診療科は歯周病科で分野が違いましたが、開業するにはこれも必要なことでありお引き受け致しました。始めに、日常生活に支障のないように既存の入れ歯を修理し、お口に合わせた形態に改善し、それを参考に新しく入れ歯を作る計画を立てました。既存の入れ歯の修理をし、正しい形態に修正している過程で、患者さんから痛みがあるという連絡がありました。しかし静岡で、勤務している私が東京のこの患者さんをすぐに見て差し上げることができません。そこで父に、その旨を説明し治療してもらうように手配しました。患者さんは、父の治療により痛みもとれ、満足されました。後から、患者さんからその時の父の対応をお聞きした時、とても感動しました。父は患者さんに「彼の治療している入れ歯に手を加えることは致しません。痛みのあるところだけを調整致します。」と言ったそうです。 私が、入れ歯の勉強をしている途中であることを承知の上であえて入れ歯の形態を変えることはせず、患者さんの痛みだけを取り除いてくれました。技術は未熟ではあるももの1人の歯科医師として認めてくれたこと、患者さんとの信頼関係を壊すことなく対応してくれたことは本当にうれしかったです。父の歯科医師としての器の大きさを実感するとともに、一生忘れることのない出来事になりました。


そんな父は、今でも現役です。78歳を越えても最新の器械を備え、大学の卒後研修に最高齢で参加するほどの勉強家です。本当に頭が下がります。私は、父と同じこの職業に就くことができ、父を目標にやってきて本当に良かったと思っております。


このような様々な経験を踏まえ開業して歯科医療を提供する立場になった現在、ひとりひとりの患者さんに合わせた治療法を考え、相談して向き合っていく歯科医でありたいと思っております。そのために生涯、最高レベルの技術の習得を求めて日々研鑽中です。そしてこれから父親の年齢まで仕事が続けることが、今後の私の夢であります。

日本歯周病学会認定歯周病専門医

日本の歯科医師人口は、平成22年現在で10万人を越えたという報告があります。その一方、歯周病の専門医の数は、平成24年約1191人しかいません。わずか0.01%です。また歯周病学会指導医は、全国で240人0.002%です。
歯周病の治療は、一般治療と同じように歯科医師免許を持っている人は誰でも治療はできます。なぜ歯周病専門医が少ないのかというと以下のような研修を受け、厳正な書類審査を通ったあと試験に合格しなくてはならないからです。非常に取得するのが困難な資格です。そして何よりこの資格は5年ごとに資格の更新が必要になります。歯科医師免許は一度とってしまえば永久ライセンスですが、歯周病専門医の資格は維持のために生涯、新しい技術や知識を研鑽しなくてはならないのです。患者様には、そんな知識、技術、経験をもった歯周病専門医なら安心して治療を受けてもらえるはずです。


【1】
学会が認める認定医資格取得者であること
【2】
学会が認めた研修施設で通年5年以上歯周病学に関する研修と臨床経験を有する者及び同等の経験を有すると認められた者
【3】
日本歯周病学会に入会して通年5年以上経過していること
【4】
教育研修単位を50単位以上取得している。(研修単位は、学会参加、学会発表、論文発表などで取得できます)
【5】
専門医試験に合格した者
歯周病患者を10症例提示し、うち8症例は歯周外科処置を含むこと。
全ての症例はメインテナンスまで進んでいること。など

さらに歯周病学会指導医は歯周病専門医を取得後、7年以上の学会歴および歯周治療の経験を有していること、歯科大学および大学歯学部において歯周病学を担当する教授、指導医にふさわしい業績を有していること。論文、学会発表、学会における活動、地域歯科医療における活動を定期的におこなっている者、症例報告8症例、症例発表2回以上と資格取得の審査基準がさらに厳しくなっています。

当院長は、日本歯周病学会専門医・指導医であり医療法人社団 歯周病センター山田歯科は、歯周病専門医の資格を取得させることのできる日本歯周病学会認定研修施設です。

院長略歴

平成5年

・日本大学歯学部卒業
・日本大学歯学部歯周病学講座入局

平成9年
・日本大学歯学部大学院歯学研究科歯科臨床系修了
・古田奨学生受賞
・日本大学歯学部歯周病学講座非常勤講師
・静岡県静岡市八木歯科勤務
平成10年
・日本歯周病学会専門医取得
・日本大学歯学部歯周病学講座兼任講師
平成11年
・東京都町田市開業
平成21年
・日本歯周病学会 指導医
・町田市立成瀬台中学校 校医
所属学会
日本歯周病学会(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsp2/index-j.html
日本口腔インプラント学会
日本顕微鏡歯科学会
研修会
中野歯科予防研修会
PGI club
京都インプラント研究所臨床研究会