山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
ドクターブログ
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

医療費控除のご説明

医療費は確定申告を行うと、最大50%還付(返金)されます

医療控除とは・・・

1 本人又は本人と生計を共にする配偶者その他の親族の医療費を年間10万円以上(1月1日~12月31日)支払った場合には医療費控除が適用され税金が還付又は軽減されます。


2 確定申告は同一世帯の一番所得の多い人に家族全員分まとめて請求できます。



<医療費控除になる治療>

  • インプラントの費用
  • 自由診療による治療費(金歯、金冠、メタルボンド冠、セラミックスクラウンなど)
  • 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療費
  • 矯正治療
  • PMTC※虫歯・歯周病除菌治療で申請してください
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯の費用
  • 歯科ローンにより支払った治療費
  • 通院、入院のための電車、バス、タクシー代
  • 幼い子どものために親が付き添って通院した場合の交通費
  • 薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品

<医療費控除にならない治療>

  • 歯を白くするためのホワイトニング治療
  • 歯科ローンの金利、手数料など
  • 通院時に自家用車を使用した場合の駐車料金、ガソリン代

※確定申告を忘れていた場合でも、「過去5年以内」であれば還付が受けらます。


<医療費控除の例>

      1 年収340万円のAさんが、歯科治療に年間50万円かかったとしたら… 医療控除対象40万円×30%=12万円分の税金が免除されます。
      つまり、実質治療に要する費用は38万円
      2 年収700万円のBさんの娘さん(扶養家族)が矯正治療に60万円かかった場合 医療控除対象50万円×33%=16.5万円分の税金が免除されます。
      つまり、実質治療に要する費用は43.5万円
      3 年収910万円のCさんが全顎的な治療に100万円かかった場合 医療控除対象90万円×43%=38.7万円分の税金が免除されます。
      つまり、実質治療に要する費用は61.3万円

<年間医療費と収入による減税(還付)金額の目安>

単位:円

  年間収入
年間医療費   450万 600万 750万 1,200万 2,100万
20万 15,000 20,000 30,000 33,000 43,000
40万 45,000 60,000 90,000 99,000 129,000
60万 75,000 100,000 150,000 165,000 215,000
80万 105,000 140,000 210,000 231,000 301,000
100万 135,000 180,000 270,000 297,000 387,000


詳細は国税庁まで。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

※医療控除申請結果は当院で責任を持つものではありません。