山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

インプラントと歯周病

歯を失う原因で一番多いのが歯周病です。ですからインプラントにする人の多くが、もともと歯周病を患っているはずです。歯周病だからといってインプラントができないわけではありません。歯科医のもとで歯周病の治療がしっかり行えていれば、インプラントの治療はできます。しかしインプラント治療を受けている大半の方が、歯周病の治療が不十分か、全く治療されていないのが、現実です。実際、インプラント治療を受けた人の15%は、インプラントの歯周病(インプラント周囲炎)になっているという報告があります。インプラント周囲炎になると、天然歯の歯周病より改善する確率は低く、いずれ自然脱落か撤去してもらうこととなります。インプラント治療は、高額治療です。そして追加治療をすることのないように、歯周病治療をしっかり行いインプラント治療することが望まれます。

最後にインプラント治療で大事なことがあります。それは、メインテナンスです。インプラントの外科手術が大事なのは当たり前ですが、同様に大事なのがメインテナンスです。自分の歯が喪失した原因を考えて下さい。インプラントも天然歯と同じように歯周病になります。メインテナンスを行わずして長期経過はありません。当院では、歯周病専門医が歯周病の診査診断、治療、インプラント治療、メインテナンスまで総合診断の上、治療にあたっております。

インプラントについて

インプラント治療とはインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。従来は取り外しの入れ歯かブリッジでしか対応できなかったものが、インプラントを使用することにより取り外しの必要がなく、入れ歯装着時の違和感や煩わしさもありません。

また、ブリッジのように隣接する自分の歯を削る必要もありません。 見た目も天然の歯と変わらず、噛む力も向上します。審美的にも機能的にも新たな自分の歯として快適に使用することが可能です。インプラントは顎の骨に力を加えるため、顎の骨がやせるのを防ぐ事もできます。きちんとした手入れを継続的にしていれば、治療効果が半永久的に持続するのが最大のメリットです。

インプラントの治療例

インプラント治療は歯を失った箇所によって、様々な治療方法があります。ブリッジや入れ歯にはないメリットも多く、患者さんのお口の状態によって治療方法も異なります。

従来までは治療を施すのに歯を削らなければならなかったり、装着後に違和感があったりと歯を失った場合の治療は不満の残るものでした。インプラントは患者さんの「第3の歯」としてもとにあった天然歯に近い働きをします。

1本の歯が欠けている場合
失った歯が一本の場合、ブリッジの場合は健康な歯を削って治療しますが、インプラントの場合は健全な歯を傷つけることなく治療をおこなうことができます。
数本の歯が欠けている場合
数本のインプラントにより支えられるブリッジかクラウンにより、機能と顔立ちが回復します。また、入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんないため、見た目も機能も非常にすぐれています。
すべての歯が欠けている場合
5本あるいはそれ以上のインプラントによりフルブリッジを固定します。入れ歯のような煩わしさ、不便さから解放されます。
模型による症例のご紹介
 

インプラント矯正

インプラント矯正は、歯を人工歯根(インプラント)で引っ張り、移動させていくという方法です。 インプラント(スクリュー)を歯の周囲の骨に設置して、これを固定源に歯を動かすことで、これまでの方法では出来なかった歯の移動や・期間の大幅な減少が可能になった新しい方法です。

インプラントは、一時的に顎骨へ植立しますが、移動後にはそれを除去します。また、埋め込むインプラントはアレルギー反応のでないチタン(人体と親和性の高い材質)でできており、金属アレルギーのある方でも安心して治療を受けることができます。

骨再生誘導法(GBR)について

インプラントを埋入するためには十分な骨が必要となります。具体的には埋入するインプラントの高さ(最低10mm)以上の骨と、インプラントの周囲に1mm以上の骨が必要になります。インプラントを埋入するために必要な骨を再生させる方法がGBR法です。

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促します。インプラントを埋入するオペの前に必要な骨を作ってしまう場合もあれば、オペのとき、同時に行うこともあります。GBR法を行うことで、今まで骨が不足していたためにインプラントが出来なかった人でも、骨の量を増やし治療が可能になるケースが増加しています。