山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
ドクターブログ
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

矯正歯科

矯正治療は、不揃いな歯並びや噛み合わせがうまくいかない方、歯の健康や口もとのことでお悩みの方にお薦めしています。歯がふぞろいだったり、上下がうまく噛み合わない状態を不正咬合といいますが、これを放置しておくと、食べ物がよくかめない、発音が不明瞭、虫歯になりやすい、歯槽膿漏になりやすいなどの問題がでてきます。

また、噛み合わせの悪さは顎関節症における要因の一つとも考えられます。顎関節症は全身に影響を及ぼす病気であり、悪化すると日常生活に支障が出るほど深刻な病気です。正しい矯正歯列に治療することで、健康で機能的な噛み合わせを実現しましょう。

矯正治療を行うにあたり、重要なことは「単に見た目の美しさ」を手に入れることではありません。口腔内全体の視野に立ち、顎関節や筋肉、靭帯、歯周病、虫歯治療といったトータルでの治療が必須です。そして、治療終了後、理想の歯並びを実現できたとしても日々の予防を怠って歯を失ってしまっては本末転倒です。当クリニックでは正しい予防法で永続的に健康な歯を保てるようサポートしてまいります。

小児期の矯正について

小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)の2段階治療で行います。特に1期治療(骨格矯正)は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子さまだからこそできる治療です。なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。 さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療(歯列矯正)そのものが必要ない場合もありますし、多くの場合、部分的な歯列矯正で済んでいます。

矯正自体は大人になってからでも可能ですが、子供の時期に矯正をする事で理想的な治療・整形が出来る場合があります。つまり子供の時期だと成長段階にあるため、顎の成長をある程度コントロールしながら矯正を行うことが出来るということです。

大人(成人)の矯正について

成人矯正歯科はすべての歯が永久歯になった方のための矯正治療です。歯列矯正に年齢制限はありません。歯並びや噛み合わせが悪ければ見た目の美しさばかりでなく身体に悪い影響を及ぼすなどさまざまな弊害をもたらします。 成人矯正は骨格形成の時期を過ぎてから行うことになりますから、発育過程にある小児矯正とは違う治療が求められます。

また、大人の歯列矯正治療というのは、外見の変化が大きな目的で利点のようですが、実際には、もっと重要なことがあります。それが「かみ合わせの改善」です。不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、むし歯や歯周病の予防が容易になります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。

インプラント矯正

インプラント矯正は、歯を人工歯根(インプラント)で引っ張り、移動させていくという方法です。 インプラント(スクリュー)を歯の周囲の骨に設置して、これを固定源に歯を動かすことで、これまでの方法では出来なかった歯の移動や・期間の大幅な減少が可能になった新しい方法です。

インプラントは、一時的に顎骨へ植立しますが、移動後にはそれを除去します。また、埋め込むインプラントはアレルギー反応のでないチタン(人体と親和性の高い材質)でできており、金属アレルギーのある方でも安心して治療を受けることができます。

症例のご紹介

叢生(八重歯・乱ぐい歯)
歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず、汚れが残りやすくなり虫歯や歯槽膿漏、口臭の原因になることがあります。
上顎前突(出っ歯)
上の歯が前に出ている噛みあわせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると折れたり、唇を切ったりしやすく、見た目にもよくありません。
反対咬合(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)と言います。受け口の人は食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。