山田歯科成瀬クリニックネット予約はこちらから
ホーム 院長紹介 診療科目 アクセス スタッフ紹介 料金表
一般歯科 歯周病治療 審美歯科 予防歯科 インプラント 矯正歯科
歯周病豆知識
院長紹介
ドクターブログ
スタッフブログ
院内ツアー
カウンセリング
歯周病専門医治療
歯科用CTを用いた検査
マイクロスコープによる精密治療
インプラント
歯周病レーザー治療
医療費控除のご説明
診療科目
治療の流れ
症例集
患者様からの声
料金表
診療のご案内
問診票
アクセス
スタッフ紹介
口腔ケア関連用品

審美歯科

歯には、食べかすや歯垢、茶渋やタバコのヤニなど様々なものが付着しています。それらの汚れは歯磨きをすることで取ることが出来ますが、歯にこびりついた黄ばみ、蓄積された汚れは日々のブラッシングのみでは完全に落とすのは不可能です。 審美歯科ではそのような歯の汚れを除去するクリーニングや本来の「歯の白さ」を取り戻すホワイトニング、また治療後の補綴物(被せ物)の処置を行います。補綴物は歯茎の状態、体質等によっても種類が変わります。当院では患者様にあった補綴物をご提案しております。

セラミックとプラスチック 4つの違い

虫歯などの治療後に歯に被せ物を施しますが、ひとことに被せ物といっても様々です。患者さんの体質や歯の状態によっても何を選ぶかは変わってきます。また保険が効かないものもありますので、患者さんのご希望をうかがってご提案します。ここでは一例として、セラミックとプラスチックの違いをご紹介しましょう。

(1)天然歯に最も近い透明感
セラミック歯の白さは陶器の白さと同じ。例えばプラスチックのお皿と陶器のお皿、どちらの白さが美しいか想像してみてください。
 
(2)変色がほとんどありません
陶器のお皿はいつまでもきれいですがプラスチックのお皿は変色してしまいます。これは歯でも全く同じです。
 
(3)細菌がつきにくく清潔
プラスチックは表面が汚れやすく、虫歯・歯周病菌などの細菌がつきやすくなります。プラスチックの食器があまり使われないのはその清潔感の違いです。
 
(4)圧倒的な耐摩耗性
プラスチックは歯ブラシでこするだけで傷がつき、削れてしまいます。最悪の場合、裏側の金属が見えることもあります。陶器より丈夫なセラミックなら、たとえタワシで洗っても傷がつきません。

保険治療と精密治療 その違いは?

前述したように被せ物にはいくつか種類があります。では、保険が効かないものとは何が違うのでしょうか?単純に材料、材質が良いだけではないのです。

マイクロスコープの使用
歯冠形成(歯を削って形を整える)をマイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)を用いて精密に行います。
 
精密印象
通常は寒天とアルジネート(歯型を採る材料)で型を採りますが、精密治療はより再現精度のよいシリコンで型を採ります。型は既製のものを使用せず、その人に合わせた型を採るトレーをオリジナルに作製します。
 
精密技工
通常歯の被せ物を作製するときは一つの模型で作製します。しかし精密治療の技工は3つの模型(噛み合わせの模型、被せ物作製模型、最終チェック模型)を使用して、マイクロスコープを用いて作製します。
 

ホワイトニング

NITEホワイトはアメリカで最もポピュラーなホワイトニング材で、着色歯面の改善を短期間で安全にかつ効果的に行うことができます。

このシステムは日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムで、『白くきれいな歯』への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、歯科医師からだけでなく患者からも圧倒的な支持を得ています。

歯科医師により作製されたマウストレーにNITEホワイトのジェルを用いて使用します。 1日2時間使用することにより、効果が現れてきます。個人差にもよりますが、2週間程度でで輝く白い歯になります。